家族でバイク保険

家族でバイクに乗っている人に最適な保険の見積もり方法

ロゴ

家族皆でバイクを乗る場合

家族
バイク保険において契約者の等級は直接保険料に影響します。

 

家族でバイクに乗っているのでしたら、等級の高い人が契約すると保険料を安くできます。

 

もし、自動車の任意保険に入っているのでしたら、ファミリーバイク特約を使いますとバイク保険より安く済ませられます。

 

年齢条件や家族限定などについて

 

バイクを家族で乗るのでしたら、任意保険の等級が高い人の名義で契約すると割引率が高くなります。

 

ただし、家族でバイクに乗る場合には、一番年齢の若い人に年齢条件を合わせます。

 

そうしませんと、もしもの時に保険金がおりないこがあります。

 

例えば、家族の中に21歳未満の人がいてバイクを運転するのでしたら、全年齢の保障にしますので少し保険料が高くなります。

 

もう1つの保険料を節約する方法として、バイクの運転者を家族に限定しますと保険料が安くできます。

 

ただ、この場合には、友人などが運転して事故を起こしたりしますと保険金がおりませんので注意しましょう。

 

ファミリーバイク特約について

 

自動車の任意保険に加入しているのでしたら、バイクの保険を付け加えることができる場合もあります。

 

これは、一般にファミリーバイク特約と呼ばれています。

 

このファミリーバイク特約は、家族の誰かが自動車の任意保険に入っていますと、その自動車保険の保障範囲にバイクも加えられます。

 

この特約を使いますと、別個にバイク保険に入るより保険料が安くなります。

 

もし、親がファミリーバイク特約に入っていますと、別居している未婚の子どももカバーできます。

 

ファミリーバイク特約は、排気量の大きいバイクだと無理だと思っている人もいるようですが、そんなことはありません。

 

保険会社によって、大排気量のバイクにも適用できることもありますので、問い合わせてみると良いでしょう。

 

以上が家族でバイクを利用する時にバイク保険の保険料を節約するやり方ですが、保険会社を通販型にしますともう少し安くできることもあります。

 

特に、インターネットで契約しますと保険料の割引を受けられるところが多いようです。

TOPページ<<バイクを売る>>

バイク保険を考えているなら!


★一括見積で比較して一番安い保険会社と契約をしましょう。


おすすめ一括見積サービスはこちら


>>保険の窓口インズウェブ


特徴


  1. インターネット割引。インターネットから申し込むと割引!
  2. リスク細分。自分に不必要な保障を外すことで安く!
  3. 付加保険料が安い!


最短5分で一括見積の依頼が完了します。


少しでも安く契約したいなら、おすすめです!