30代のバイク保険

通勤にも利用する30代のバイク保険見積もりのポイント

ロゴ

30代のバイク保険料

バイクに乗る30代男性
30代になりますと、年齢条件を26歳以上または30歳以上にしますと保険料が安くできます。

 

またこのくらいの年齢では、リスク細分型のバイク保険を利用するとさらに保険料を下げられるでしょう。

 

リスク細分型のバイク保険

 

バイク保険は、万が一事故を起こした時の各種保障をするためのものです。

 

事故を起こす確率が低いと考えられる人の保険料は安く、逆に高い人の場合は高くなります。

 

30代でしたら、年齢条件をつけるだけで保険料が安くなりますし、等級や免許証の色によってもさらに下がります。

 

リスク細分型のバイク保険では、このような年齢や性別、運転歴、その人の住んでいる地域、バイクの種類や装備されている安全装置、年間走行距離などいくつものリスク要因にてらして保険料が決まります。

 

条件がたくさんありますので、バイク保険の見積りをとるときには少し面倒ですが、相当安くできる場合もありますので、リスク細分型を一考してみてはいかがでしょうか。

 

年間の走行距離を計算してみましょう

 

バイクの走行メーター
リスク細分型のバイク保険では、年間走行距離が短い方が保険料は安くなります。

 

毎日通勤にバイクを使っているのでしたら、おそらく走行距離は、勤務地までの往復の距離の250倍程度でしょう。

 

往復10kmでしたら年間2500kmで、プラス買い物やレジャーに利用する距離でおおよその年間走行距離がはじきだせます。

 

リスク細分型のバイク保険は、年間走行距離が3千km以下、5千km以下、1万km以上というように限定しますと、それに応じて保険料が変わります。

 

もし、年間1万km以上バイクに乗っているのでしたら、リスク細分型でない方が安こともありますので、バイク保険一括見積もりサービスを利用して調べてみたらいかがでしょうか。

 

30代ですとバイク歴も長いでしょうから、昔から馴染みの代理店のバイク保険を使っている人も多いと思います。

 

しかし、今でしたらインターネットの通販型の方が保険料を節約できますので、通販のリスク細分型を検討してみて下さい。

TOPページ<<バイクを売る>>

バイク保険を考えているなら!


★一括見積で比較して一番安い保険会社と契約をしましょう。


おすすめ一括見積サービスはこちら


>>保険の窓口インズウェブ


特徴


  1. インターネット割引。インターネットから申し込むと割引!
  2. リスク細分。自分に不必要な保障を外すことで安く!
  3. 付加保険料が安い!


最短5分で一括見積の依頼が完了します。


少しでも安く契約したいなら、おすすめです!