バイク友だちの買取に付き添った体験談

バイク友だちの買取に付き添った体験談

バイクを高く売るために

↓バイクの買取査定サービスを比較してみました。

バイク買取査定比較

エストレヤを友達が売りました

友達から「バイクを売ろうと思うんだ」と相談を受けました。
急遽、クルマの乗り換えが必要になって、エストレヤを手放すことにしたとのこと。
軽二輪とはいえ維持費がかからないわけではありませんからね、負担を減らすために仕方なく一時的にバイクを降りることにしたそうです。
どちらかといえばバイクは趣味車両、クルマは生活車両。
正しい選択だと思いました。

エストレヤ


買取の相談をしてきた理由

 

相談した理由は、僕が過去に何度もバイクの買取を経験していたからです。
彼はすでに買取先を決めて出張査定を予約していたのですが、小心者でして、暇なら付き添ってくれないかという話でした。
こちらとしても彼がバイクに乗り始めたのは僕が切欠でしたから、最後も見届けたい気持ちもありました。
もっとも、それから1年後にはお金の余裕ができて彼は原付二種でバイクリターンするんですけどね。
業者はネットで見つけたという僕も知ってるところでしたし、実際に一度買取をお願いしたことがありました。
普通なら買い叩かれる、なんてことはありませんが、出張買取の場合、時間が限られていて業者も出張した手前、手ぶらでは帰りたくないため中には必死に取引を進めようということもあります。
そういうことを考えれば、付添人がいると結構役立ちます。

 

自分なりに彼のバイクを査定

 

当日、少しエストレヤを乗せてもらって最後を楽しみました。
走行状態はバッチリでした。
各種消耗品は定期的に変えていたし、タイヤも前後バリバリです。
走行距離も2万に届いてません。
外装に難点がありました。
転倒傷がタンクにあるんです。
タンク以外にもハンドルエンド、レバー、ミラーに擦り傷がありました。
全て一度ちょっとした不注意で彼がエンストして転倒した際に作ってしまった傷です。
これら情報を踏まえて、彼には言いませんでしたが自分なりに査定額を予想しておきました。

 

交渉を繰り返して査定額をアップ

 

そうして僕が付きそう中、買取業者が到着して査定がはじまりました。
査定員の指摘は僕の予想した通りで、外装以外は高評価でした。
査定額はというと、僕の予想額より5万円くらい低かったです。
傷物とはいえ年式も距離も悪くないですし、エストレヤは人気車種です。
もうちょっと高くてもいいかなと思ったので、二人で相談して、もう少し上げられないかと査定員と相談しました。
そのたびに検討してくれて、それを3回くらいしつこく繰り返しました。
人の買取ということもあって、どこまで値段が上げられるのかなと申し訳なくも交渉をちょっと楽しんでいました。
結果的には、最初の査定額より3万5000円もアップしました。
もともとその値段で買取できたのか、無理をして本当にそこまで上げてくれたのかは分かりませんでしたが、意外と交渉すれば上がることもあるのだなと面白い結果でした。

バイク買取額UPの方法とは?