査定で低い評価になるバイクの特徴って?:悩み解決!バイク査定

査定で低い評価になるバイクの特徴って?

バイクを高く売るために

↓バイクの買取査定サービスを比較してみました。

バイク買取査定比較

なるべく高く買ってもらうポイント

バイク画像

新しいバイクに買い替える時や、移動に自動車を使うようになり不要になってしまったバイクは、買取業者に依頼するとお得に処分することができます。

 

買取ってもらう際にはバイク査定をまず行ってもらい、査定額に納得がいけば、契約手続きに入ります。

 

ここで問題となるのが、査定の評価です。購入した時には高価だったバイクだというのに、提示された査定額を知って、驚くほど安い金額にガッカリすることはよくあるものです。

 

そこでバイクを高価買取してもらうためにも、バイク査定の評価のポイントを押さえておくと、いざという時に役立ちます。

 

バイク査定におけるバイクの汚れに関しては、さほど評価が落ちないといわれています。しかし、査定する人のバイクを見る印象に違いが出ますので、査定前には綺麗に洗車しておくとよい印象を与えることができます。

 

とはいえ、落ちにくい汚れを無理に削り取ったりすると、その衝撃で壊してしまい、査定額が下がる恐れがあります。

 

落ちにくい汚れは無理に洗車をせず、そのままの状態で査定してもらうのがポイントです。

 

次に、日頃からメンテナンスを怠らないことも大切です。バイクを頻繁に運転する人ならメンテナンスはよくしているでしょうが、たまにしか運転しない場合はそれほど汚れも目立ちませんので、あまりメンテナンスをしない人というのは結構います。

 

実はこれが、査定額が低くなる原因に繋がる可能性があります。

 

というのも、例えそれほど運転していなくても雨や湿気でサビが発生する場合がありますし、長期間運転しないとなると、エンジンに不具合が起こる可能性があるからです。

 

あまりバイクを運転しない人でも定期的にメンテナンスやエンジンをかけてやることも、高価買取を狙う大事なポイントです。

なるべく早く売るのがポイント

バイクを高く売るには、日ごろのメンテナンスが大事です。

 

また定期的に乗って走らせることも必要です。

 

長期間乗らないで放置しておくと、エンジンや機器のトラブルが発生することが、しばしばあります。

 

また保管場所が悪いとサビツキの原因にもなります。

 

 

バイクに乗らなくなったので、売ろうと思う人も多いです。

 

その中で、すぐに売ってしまう人はあまり多くありません。

 

ほとんどの人は、しばらく放置した後に売る事になります。

 

 

売ろうと思ってバイクのエンジンを始動しようとしたら、動かなかったということも…

 

メンテナンスすれば再び動くようになりますが、費用が掛かるのでそのまま売ってしまった方がトクということにもなりかねません。

 

もちろん動かない分査定が低くなる可能性があります。

 

 

そうならない前に、もう乗らないと思ったら、なるべく早く売るようにしましょう。

TOPページ<<バイクを売る>>

バイク買取額UPの方法とは?