10代のバイク保険

10代でのバイク保険料

バイクを受け取る
10代でバイクの事故を起こす率は、各年齢層と比較して高いため、年齢条件なし(全年齢担保)でバイク保険に入ると保険料も高くなります。

 

10代の保険料は、同条件の30歳以上限定の場合より3、4倍は高いとみていいでしょう。

 

インターネットで申し込むと保険料が割引されます

 

10代のバイク保険は料金が高いですから、少しでも割引のある損害保険会社を選びたいものです。

 

バイク保険に加入する方法には、代理店を使う代理店型とインターネット通販の通販型の2通りあります。

 

ここでおすすめしたいのが、インターネット経由で加入する通販型です。

 

通販型のバイク保険を扱っている損害保険会社の多くは、インターネット割引をしています。

 

また、インターネットの通販型バイク保険の方が、保険料自体も安いことが多いようです。

 

こういう損害保険会社を探して見積りをとってみましょう。

 

走行距離を抑えると保険料が安くなります

 

バイクの走行メーター
バイク保険の保険料は、年齢、バイクの種類、免許の色、年間走行距離などで決まってきます。

 

10代の人では、バイクの種類を別にしますと、年間走行距離により保険料が上下します。

 

当然ですが、年間走行距離の少ない方が保険の値段が安くなります。

 

中には年間走行距離を保険料に反映しない損害保険会社もありますが、特に通販型のところでは、ほとんど年間走行距離を保険の料金に反映させています。

 

走行距離が年間3000kmと1万km以上では、保険料が結構違いますので、あまり走らない人は年間走行距離で保険料を割引しているところの見積りをとってみましょう。

 

逆に、年間1万km以上走る人でしたら、走行距離を保険料に反映しないところの方が安い場合もあります。

 

保険会社によっては、10代ではバイク保険の契約できないところがあります。

 

その時には、親などの名義で保険に入るとよいでしょう。

 

また親などが車の保険に入っている時には、バイク保険の特約をつけるという方法もあります。

TOPページ<<バイクを売る>>

バイク保険を考えているなら!


★一括見積で比較して一番安い保険会社と契約をしましょう。


おすすめ一括見積サービスはこちら


>>保険の窓口インズウェブ


特徴


  1. インターネット割引。インターネットから申し込むと割引!
  2. リスク細分。自分に不必要な保障を外すことで安く!
  3. 付加保険料が安い!


最短5分で一括見積の依頼が完了します。


少しでも安く契約したいなら、おすすめです!