バイク保険見積もり

申込先によって異なる対応

代理店イメージ
バイク保険には、いま流行っている通販型と昔からある代理店型の2つあります。

 

代理店型の方が事故時の対応に安心感がありますが、実際にはあまり違いはないといわれています。

 

大手と中小の損害保険会社の事故対応サービス

 

事故対応
通販型のバイク保険は、大手損害保険会社から比較的規模の小さい通販型専門のところまでいろいろとあります。

大手の損害保険会社は、通販型と代理店型の両方で保険契約できるため、保険の契約者数が多く、そのため事故対応するための拠点の数もたくさんあります。

 

ただし一人あたりの事故対応に対する拠点数は、それほど多いわけではありません。

 

一方で通販型だけの小規模な損害保険会社は、事故対応できる拠点数は、それほど多くありません。

 

契約者数も少ないため、一人あたりの拠点数でみますと大手より多い場合もあります。

 

事故を起こした時の対応

 

バイクで事故
バイクで事故を起こした時には、自分自身が怪我をすることが多いですから、まずは病院等へ行くのが急務でしょう。

 

怪我をしていない時には、とりあえず他の車などを事故に巻き込まないような措置をして、救急や警察に連絡します。
そして、相手の身元を確認すると共に、できるならば現場の写真等を撮るなりして記録しておきます。

 

保険会社に連絡しますと、多くの場合、ロードサービスが来て、事故を起こしたバイク等を移動したりします。

 

なお、ロードサービスに関しては、行なっていないバイク保険もあれば、レッカー移動が100kmまで無料、レンタカー24時間無料、宿泊や帰宅費用の補償など充実したサービスを行なっているバイク保険もあります。

 

事故現場に保険会社の担当者がくることは大手中小にかぎらず稀です。

 

保険会社の事故担当者は、事故後に相手方と交渉するが仕事だからです。

 

なお、この部分は、どの損害保険会社でも違いは少ないといわれています。

 

事故対応サービスでは、保険会社によって内容に差がありますので、より良い条件のところのバイク保険をおすすめします。

 

保険料に関しては、サービスの違いがあっても案外差がないようです。

TOPページ<<バイクを売る>>

バイク保険を考えているなら!


★一括見積で比較して一番安い保険会社と契約をしましょう。


おすすめ一括見積サービスはこちら


>>保険の窓口インズウェブ


特徴


  1. インターネット割引。インターネットから申し込むと割引!
  2. リスク細分。自分に不必要な保障を外すことで安く!
  3. 付加保険料が安い!


最短5分で一括見積の依頼が完了します。


少しでも安く契約したいなら、おすすめです!