バイク保険の等級

保険料の割引に深く関係する等級とは

赤いバイク
バイク保険の等級は、保険料の割引や割増に直接関係しています。

 

大きい等級は保険料の割引率が高く、小さい等級では、割引率が低くなったり、場合によっては割増になることもあります。

 

1等級から20等級まであります

普通の損害保険会社のバイク保険の等級は、1等級から20等級まであります。

 

虫メガネ
なお一部の共済などでは1等級から22等級まであるようです。

 

はじめてバイク保険に加入する時には、6等級からはじまります。

 

この等級の保険料は、基本となる保険料(4等級あたりの保険料)から1、2割ほど割引された額です。

 

ただし保険会社ごとに割引率は異なるようです。

 

新規でバイク保険に加入して1年後に保険の契約を更改するとしますと、その間に保険を使わなければ1等級上がって7等級になります。

 

そして保険を使わない年数が続きますと、毎年1等級ずつ上がりますが、20等級が最高でそれ以上は上がりません。
20等級の割引率は、普通は6割程度になります。

 

保険を使った場合や保険会社を変わる時の等級について

 

上下
事故を起こしたりしてバイク保険を使ったとします。

 

こうなりますと、等級が下がります。

 

一般には保険金支払い額によるようですが、1等級下がる場合と3等級下がる場合があります。

 

例えば6等級で事故を起こして1等級下がったとしますと5等級になります。

 

これで保険料の割引は少なくなってしまいます。

 

なお1等級から3等級になりますと、保険料は1割から6割の割増になります。

 

バイク保険の保険会社を変える時には、等級はそのまま引き継がれます。

 

またバイクを処分するなりして保険を解約したばあいにも、一定期間は保険解約時の等級が維持されます。

 

ここでは簡単に等級について述べましたが、実際はもう少し複雑です。

 

例えば同じ等級でも運転年齢条件によって割引割増率が異なったりします。

 

ここではノンフリート等級という保険の契約台数が9台以下の場合について述べています。

 

10台以上の保険契約をする時にはあてはまりませんので、お間違いのないよう願います。

TOPページ<<バイクを売る>>

バイク保険を考えているなら!


★一括見積で比較して一番安い保険会社と契約をしましょう。


おすすめ一括見積サービスはこちら


>>保険の窓口インズウェブ


特徴


  1. インターネット割引。インターネットから申し込むと割引!
  2. リスク細分。自分に不必要な保障を外すことで安く!
  3. 付加保険料が安い!


最短5分で一括見積の依頼が完了します。


少しでも安く契約したいなら、おすすめです!