タダで譲ってもらったバイクの買取体験談

バイクを高く売るために

簡単だけど確実です。

>>バイクを高く売る為にやってほしいこと

 

↓バイクの買取査定サービスを比較してみました。

バイク買取査定比較

ヤマハのSRV250を売ろうとしました

5年ほど放置して今後も乗る予定がまったくないというヤマハのSRV250をタダで譲ってもらいました。
かなり状態は悪かったのですが、地道に整備して乗ろうと思っていました。
でもそれは譲ってもらって1年ほどで挫折しました。
結局は僕も持て余してしまい、手放すことを考えました。

ヤマハのSRV250


処分するくらいなら買取してもらうことに

 

譲ってくれた方に返そうと考えましたが、その人は遠くに引っ越してしまい、連絡をしてみたら「処分しちゃっていいよ」とのことでした。
そうして処分を検討したのですが、ふと「もしかしたら買取してもらえば少しはお金になるのでは?」と考えました。
ただしこのバイク、前のオーナーが一度買取査定をお願いした結果、値段がつかなかったのです。
それで処分しようかと考えていたところ、僕が引き取ったのでした。
譲ってもらった後に僕が1年ほどかけて簡単に整備はしたものの、やはり年式は古いし状態もどちらかというと悪く、特に各所の錆が酷くて外観ははっきりいって最悪です。
ですから、今回だって値段がつかない恐れもありました。
それでも、念のためにということで、ある買取業者に連絡して査定してもらうことにしました。

 

自他ともに認めざるをえない酷い外装

 

譲ってもらってから加入した自賠責1年分がまだ残っていたので、買取店へとバイクで向かいました。
しばらく乗っていなかったし、ちゃんと走るかどうかも確かめたかったのもありました。
それくらい状態が心配でしたが、走行面に関しては問題ありませんでした。
問題なのは外観の悪さだけでした。
査定でも同じ指摘を受けました。
指摘箇所はたくさんありましたが、特によくないのが、タンクやサイドカバー、フェンダー、ホイール等の自家塗装です。
前のオーナーが練習半分で施したという塗装はレベルが低く、ぽろぽろ剥がれて美しくありませんでした。
またスポークの塗装が剥がれたところは錆び錆びで酷い物でした。
自分でも、塗装の下は錆で折れてしまうのではないかというほどでしたから。

 

当たり前の残念な結果

 

査定員さんはプロらしく普通に査定を進めてはくれましたが、内心は苦笑だったと思います。
そうして出た査定結果は、0円でした。
ショックということはなく、まぁ仕方ないかと改めて納得する結果でした。
無料で引き取りはできると言われましたが、勿体ないので乗って帰りました。
もし自分がバイク屋に行って欲しいバイクを選ぶとしたら、たとえ同車種を欲しがっていたとしても、これは選ばないだろうなと正直に思います。
しかも不人気車ということでパーツ取り目的としても需要は低そうです。
1万、2万、いや数千円でもなればとちょっとは期待しましたが、よく考えれば当たり前の残念な結果だったかもしれません。

バイク買取額UPの方法とは?