バイク査定で押さえておきたいポイント:下手な修理がおよぼす影響

下手な修理がおよぼす影響

バイクを高く売るために

簡単だけど確実です。

>>バイクを高く売る為にやってほしいこと

 

↓バイクの買取査定サービスを比較してみました。

バイク買取査定比較

バイクを売る前に修理をしない方がいい

バイク査定を専門の業者にしてもらう場合には、できるだけ良い状態でバイクを売ることでより高い買取の金額を期待できます。
ですが壊れているバイクをできるだけ高額で売るために、壊れている部分を事前に修理した場合にはそれが査定に思いがけない影響を及ぼすことがあります。

 

特にこうした修理の中でも査定にマイナスの影響を及ぼす危険性があるのが、いい加減な修理や下手な修理をした場合です。こうした方法で修理を行うと、修理をする前の状態よりも安い買い取り価格が提示される場合もあります。

 

なぜかというとバイク査定をして買い取りをする業者などでは、自分のところでバイクを修理する技術を持っているところが多いからです。壊れた箇所があるようなバイクであっても、買い取りをして自分のところで直すことができます。

 

ですから壊れた状態のバイクであってもそのまま売ることができるようなお店も少なくないのですが、中途半端な修理をしてしまったことにより買い取りをしてもらえないような場合が生じることも少なくありません。

 

壊れたままの状態ならば簡単にきれいに修復ができた部分が、中途半端に外部や内部の機械をいじくってしまったことで、修復が不可能になってしまうことがあるからです。バイク査定をしてもらう場合には素人が自分で直してから売るよりも、そのままの状態で売ったほうが賢明です。

 

一方で壊れた場所をしっかりとした直してから査定をしてもらうような場合でも、注意が必要になります。壊れている部分をしっかりと直せば買取の価格にも良い影響を与えると思われがちですが、必ずしも査定額が思った通りに上がらないこともあります。修復をしたことにより上がった査定の金額よりも、直すのにかかった費用の方が多くかってしまったというケースの方が多いのです。

 

わずかな費用で済むなら修理したほうがいいですが、数万円となるならそのままの方が無難です。

 

 

 

動かないバイクでも売れるのでしょうか

動かないバイクを売る時に修理しなくても大丈夫なのでしょうか。

 

売れるか売れないかで考えた場合、バイク買取店の方針によって判断が分かれます。
ある買取店は買ってくれたのに、他の買取店では断られることがあります。
ですので修理したほうが買ってもらえる確率が高いです。

 

ですが先に書いたように、修理費用の方が買い取り料金よりも多くなってしまうケースが多々あります。これでは損をするだけで、何もいいことがありません。

 

バイク買取店はバイクの整備もできるので、修理もできます。
実はバイクが故障していても動くように直せるのです。

 

ですので、価値があるバイクや販売の見込みがあるバイクはエンジンが動かないなどの不具合があっても買取ます。
修理費用として値切られることもありますが、自分で修理したからといって買値が高くなることはありません。

 

バイクが動かないなら査定申し込み前に申告しましょう

査定を依頼する時に、故障していることを正直に言わない人が多いようです。
もしかしたら気が付かないかもしれない、と期待しているようですが、相手はプロなのですぐに分かってしまいます。

 

言わなかったことで買い取り価格が下がることは無いでしょう。
ですが故障したバイクを買い取ってもらえない買取店だった場合、査定に来てもらったことが無駄になります。
お互いに時間を浪費しただけの結果となるので、バイクが動かないなら査定申し込み前に申告しましょう。

 

 

壊れたバイクの扱いはバイク買取店毎に異なります。
気にせず高額で買い取ってくれたり、大幅に値切ってきたり、買取を拒否したりとさまざまです。

 

少しでも高く売りたなら、なるべく多くのバイク買取店にバイクを査定してもらう必要があります。
バイクが故障していることを伝えて、買い取ってくれる買取店のみに査定をしてもらいましょう。

 

その際に、バイクの一括査定を利用すると手間が無く簡単です。

 

TOPページ<<バイクを売る>>

バイク買取額UPの方法とは?